豊中市少路の呼吸器内科・内科『ふなこし呼吸器内科』 | 大阪モノレール「少路」駅すぐ

咽頭・扁桃炎(扁桃腺炎)

咽頭・扁桃炎(扁桃腺炎)

いわゆるのど痛をおこすほとんどがこの病気です。主に小児に起こりますが、抵抗力が落ちると成人にもかかります。成人ではほとんどライノウィルスなどのウィルスによるものです。ウィルス性のほかには、ブドウ球菌・肺炎球菌・溶連菌などの常在菌が、原因となります。特に最近当院で問題なのは、アデノウィルスと溶連菌による咽頭・扁桃炎です。

溶連菌による咽頭・扁桃炎

溶連菌が原因菌となる場合は、小児では15-30%で、成人では5%前後です。冬から春に多発して、学校・家族内で伝染します。のど痛(白い小斑点をともなう扁桃の腫れ)・突然の発熱などを呈します。基本的に咳はでません。溶連菌の検査キット(迅速抗原検査)は感度90%、特異度80-90%とかなり有用な検査キットです。この病気であると診断されるとなんと10日間も抗生剤を内服します。抗生剤を飲んで24時間以内に他人への感染力はほぼなくなります。治療後に検尿などで、腎障害がないかを確認すべきであるとされます。

アデノウィルスによる咽頭・扁桃炎

お子さんが中心になる夏かぜの代表とされていますが、咽頭結膜炎やプール熱とも呼ばれます。プールの水が感染経路となるような強い感染力を持ち、いわゆる飛沫感染(しぶき感染)や接触感染などで移ります。潜伏期間は1週間弱程度です。症状として、のど痛・結膜炎症状(目やに・目の充血)・高熱(おもに38度以上)・などを呈します。治療は、残念ながら抗生剤などが効果なく、自己免疫力で治すしかありません。高熱による脱水症状に気をつけて、自宅安静と対症療法が中心になります。のど痛と高熱はおよそ1週間で治まりますが、目の症状は10日ほど続く場合があります。

ほかに伝染性単核球症など若年者に多い感染症や急速に気道狭窄を起こす可能性がある喉頭蓋炎などにも、注意が必要です。

診療時間

診察時間
9:00~13:00
16:00~19:00

休診日水曜午後、土曜午後、日曜、祝日

クリニックのご案内

〒560-0004
豊中市少路1丁目7番16号3A

大阪モノレール「少路」駅 西隣〈徒歩1分〉

お気軽にお問い合せ下さい。

TEL:06-6151-2107
スタッフ募集中
クリニック通信 ワクチン接種(予防接種)のご案内 肺炎球菌ワクチンについて インフルエンザワクチンについて 禁煙外来 睡眠時無呼吸症候群 アレルギー関係(アレルギー性鼻炎など)について

医院情報

診療科目

呼吸器内科、内科

診療日

診察時間
9:00~13:00
16:00~19:00

休診日

水曜午後、土曜午後、日曜、祝日

アクセス

〒560-0004
豊中市少路1丁目7番16号3A

詳細はこちら
大阪モノレール「少路」駅 西隣〈徒歩1分〉

TEL

06-6151-2107
お気軽にお問い合わせください。

連携施設

*同門の先生方と連携しています

  • 大阪大学医学部附属病院 呼吸器内科
  • 市立豊中病院 呼吸器内科
  • 刀根山病院 呼吸器内科
  • 済生会千里病院 呼吸器内科

*近隣で連携しています

  • 箕面市立病院
  • 豊中緑ヶ丘病院
  • MIクリニック
Copyright © 2017 ふなこし呼吸器内科 All Rights Reserved.