豊中市少路の呼吸器内科・内科『ふなこし呼吸器内科』 | 大阪モノレール「少路」駅すぐ

喘息の吸入療法

喘息の吸入療法

はじめに

気管支喘息(咳喘息)において、ステロイドの吸入剤(ICS)が治療の中心になります。このことは、日本ばかりでなく世界共通の認識となっています。
しかし普段調子の良い時はさぼりがちになり、発作の時に吸入しても即効性が少なく、つい気管支拡張薬に頼りがちになる方も少なくありません。
気管支喘息(咳喘息)が、調子の良い時も「気道(肺の空気の通り道)が、慢性に炎症を起こしている」ことを理解していただきたいです。これを放置すると「リモデリング」と言って、気道自体の壁が厚く硬くなり元に戻らなくなってしまします。

かと言っても季節的に夏などは安定される方も多いので減量できる方もおられます。逆に春や秋などは用心すべきです。
当院では全く一年中同量を吸入することなく、状況により吸入量を加減することを心がけています。ただしこれができるのも、患者様が吸入方法を理解して、きちんと決められた通りに吸入をご継続いただけるからです。
今回吸入療法のほとんどメインとなるDPI(ドライパウダー定量吸入器)とpMDI (加圧噴霧式定量吸入器)にスポットを当てて記載しました。

DPIの主な製品

レルベア・アドエア・シンビコート・メプチンスイングヘラー・フルタイド・パルミコート

レルベア・アドエア・シンビコート・メプチンスイングヘラー

pMDIの主な製品

フルティフォーム・オルベスコ・アズマネックス

フルティフォーム・オルベスコ

DPIの吸入方法

  1. まず薬をセットします。
    今の吸入薬はほぼディスポーザル(使い捨て)です。薬は1回ごとにその都度セットしてください。

    レルベア・アノーロ 容器のレバーを最後まで開けるだけです。
    アドエア・フルタイド 容器を垂直に持って、レバーを下方に押し込むだけです。
    シムビコート・パルミコート 容器を垂直にして回転グリップを回す。
  2. 息を吐き出し、吸入口をくわえて口を閉じ、力強く深く吸う。
    数秒間息を止めて、ゆっくり吐き出す。

pMDIの吸入方法

  1. 容器をよく振る(オルベスコとアズマネックスは不要)。
  2. アダプターを歯で噛んで、咥える(くわえる)。
  3. ボンベを強く押して、同時に約3秒間息を深くゆっくり吸い込む。
  4. 息をいっぱい吸って、そのまま3秒以上息を止める。その後にゆっくり吐き出す。 
    pMDIの場合は、吸入補助器となるエアロチャンバー使用することで、深い吸い込みや息どめが弱い方でもうまく吸入ができるようになる方がおられます。
    また副作用としての声枯れが改善する方も、少なくありません。

どちらも、複数回吸入する時は、吸入毎にセットを行います。
また、吸入は食直前で行い、必ずうがいをしっかり行います。

スタッフ募集中
クリニック通信 新型コロナウィルス感染症の抗体検査 ワクチン接種(予防接種)のご案内 肺炎球菌ワクチンについて インフルエンザワクチンについて 禁煙外来 睡眠時無呼吸症候群 アレルギー関係(アレルギー性鼻炎など)について

医院情報

診療科目

呼吸器内科、内科

診療日

診察時間
9:00~12:00
16:00~19:00

☆…土曜は13時まで

休診日

水曜午後、金曜午後、土曜午後、日曜、祝日

アクセス

〒560-0004
豊中市少路1丁目7番16号3A

詳細はこちら
大阪モノレール「少路」駅 西隣〈徒歩1分〉

TEL

06-6151-2107
お気軽にお問い合わせください。

連携施設

*同門の先生方と連携しています

  • 大阪大学医学部附属病院 呼吸器内科
  • 市立豊中病院 呼吸器内科
  • 刀根山病院 呼吸器内科
  • 済生会千里病院 呼吸器内科

*近隣で連携しています

  • 箕面市立病院
  • 豊中緑ヶ丘病院
  • MIクリニック
Copyright © 2020 ふなこし呼吸器内科 All Rights Reserved.
WEB予約WEB予約

院内予約の方を優先いたします。
お待ち時間が発生することがあります。
初診の方は予約できません。

ページTOPへ戻る

院内予約の方を優先いたします。
お待ち時間が発生することがあります。
初診の方は予約できません。